あがり症の症状と仕組み / あがり症克服・対策と治す治療方法

あがり症の症状と仕組み

あがり症の症状

人前にでると緊張して声が震えたり、手が震えたりしてしまう。人前にでると顔が赤くなってしまったり、汗をたくさんかいてしまう。あがってしまうと声が上ずりどもってしまう。これらはあがり症の症状です。あがり症の症状が出る人は意外と多いのではないでしょうか。しかし、その症状の度合いによって、悩みの深さはだいぶ違ってくるでしょう。 あがり症のために会議の発表時はいつも声が震えてしまうという人は会議がある日や前日は憂うつでリラックスできないでしょう。そして、会議が終っても落ち込んで暗くなってしまう人もいるでしょう。また、大事な試験、面談などで顔が赤くなったり、緊張して手が震えてしまい、人生の大事な時に普段通りにできないことを嘆いている人もいるでしょう。あがり症は当人にとっては非常に大きな悩みの種です。

あがり症の原因と仕組み

あがり症の仕組みはどのようなものか知っていますか?あがり症の人は緊張したり不安になったりすることであがってしまい、心臓がドクドクしたり、体温が上がったり血圧が上がって汗が出たり、顔が赤くなったり、声が震えたりしてしまいます。

 

これらのあがり症の症状に深く関係している物質がノルアドレナリンです。ノルアドレナリンは不安や恐怖などを感じることによりノルアドレナリン神経から分泌される神経伝達物質で、交感神経を活発化させ興奮状態を起こし、心拍数や血圧を高めたり、体温をあげたりする働きをします。そしてこれにより心臓がバクバクしたり、汗をかいたりといったあがり症の症状が引き起こされます。このノルアドレナリンが上がり症の原因の大きな一つなんです。

 

このノルアドレナリンを押さえる物質にセトロニンがあります。あがり症の症状はノルアドレナリンが過剰に分泌されていて、セトロニンの分泌が少ないときにあらわれる症状です。

あがり症を抑えるセロトニンの働きとその他のあがり症対策

セトロニンは日常の生活での呼吸法、運動などでコントロールすることができるといわれています。 セトロニン分泌を刺激する呼吸法に腹式呼吸があります。また、毎日の反復運動もセトロニン分泌を刺激します。反復運動にはウォーキングなどがあります。 その他あがり症の症状を押さえるために発表会直前や試験直前などには筋肉をほぐしリラックスするといいでしょう。声を出す場合は、あごを左右上下に動かしてあごの筋肉をほぐしておくといいでしょう。 またあがってしまう出来事がいつあるか前もってわかっている場合はその30分ほど前に温かいミルクを飲んで体を温めると緊張が和らぎリラックスすることができます。さまざまなあがり症対策を通してあがり症改善をしてリラックスできる人を目指しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ