あがり症の原因 / あがり症克服・対策と治す治療方法

あがり症の原因

あがり症の原因

あがり症は他人からどう見られているか強く意識したり、自分に自信がないことなどによって引き起こされる不安やおそれなどが原因で症状がでることがよくみられます。

 

また、ある出来事によって心に傷を負いあがり症になる場合があります。例えば、小さい頃になまりを笑われたことがトラウマになって人前にでるとあがってしまい話せなくなったり、話し方が変だといわれたことで深く傷付いて人と向き合うとあがってしまい話せなったりする場合があります。

 

また、原因が本人の中でもわからずあがり症になってしまったという場合もあります。あがり症の原因が心の傷の場合、催眠療法であがり症を改善することができるケースもあります。催眠療法は心に残ったマイナスイメージを克服したり、あがり症の原因となっていることをつきとめて治していくことができます。

原因がわかったら対策と治療を

あがり症の症状には人前に出ると顔が赤くなる、心臓がどきどきして足が震える、話そうとしてもどもってしまい上手く話せないなどがあります。また、その他あがり症の症状には人の目を見て話すことができない、汗が異様にたくさんでる、頭が真っ白になるという症状もあります。ひどいあがり症の人は呼吸困難に陥る場合もあります。

 

あがり症がひどい場合は病院での治療催眠療法による治療なども効果的です。また、あがってしまって話ができないという方は腹式呼吸などのあがり症対策をしてみたり、人前で話す時の対策をしてみることも効果的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ